嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

図書館は古書店じゃない!!

 意図的に古書を仕入れて処分しているような動き。

 《「リストにある全8343冊のうち、料理本が4126冊と約49%も占めていまし た。他にも、単なる眼鏡拭きでしかない『アイミクロンメガネクロス(※下の写真)』が約20件、30数ページしかない付録本『スピードサラダおろしつき (おろし金) 1日分の野菜がラクラクレシピ』など公共図書館にふさわしくない本が多数混ざっていたのです」(飯田氏)》=引用元=。

  《CCC広報「そうした声が出るのは非常に残念ではございますが、まったくの事実無根です。(リニューアルオープンの)準備段階で用意した1万冊について は、すべて『ネットオフ』から購入したものです」(※『ネットオフ』は全国から宅配買い取りで本を仕入れてオンラインで販売している中古本専門サイトだ が、その運営会社・リネットジャパングループ[愛知・大府市]は2010年にCCCがグループ傘下におさめている)》

 CCC=民営図書館運営の親会社つまりツタヤの関連会社。

 武雄図書館でも話題になったが、誰のための図書館なのかが判然としない選書の責任はどこにある?。

 武雄ではCCCの関連会社が運営する中古本サイト『ネットオフ』から大量購入したようだが。

    古書店にしては立派すぎる建物だ
 ここ海老名中央図書館に置かれようとしていた、コンビニでも売っているような雑誌類の購入先はどこだろうか。

 常識的に判断すれば同じネットオフからと推測できる訳だ。

 図書館の民営に手を出す事で中古雑誌や売れ残った書籍を大量に処分できるのでは、と考えたとすると頭がいい人はいるものだと感心する。

 しかし、あまり露骨にやりすぎると馬脚を現すし、世間の反感も買うのだ。

 さらに頭のいい連中は三段、四段の逃げ道を造るのだろうが、早めに金が欲しい時には余裕が無い行動を取ってしまう。

 他人の金に寄生しようとする連中は知恵を絞って隙を見つけてくる。

 それに利用される官僚もいるし、知らずにウカウカとその手口に騙される官僚もいるし、それを利用するのもいたりして世の中は狐と狸の化かし合いだ。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ


  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。