読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

移民政策の明日

 《総選挙の在外投票が行われていた東京・渋谷区のトルコ大使館前で、トルコ人とクルド人が乱闘になり、9人が重軽傷を負いました。

 25日午前、渋谷区のトルコ大使館周辺で総選挙の在外投票に来たトルコ人とクルド人が、何らかの原因でトラブルになりました。集まった人は最大で600人ほどになり、あわせて4回の乱闘騒ぎが起きました。

 この乱闘で、土木作業員の男性(23)が鼻の骨を折るなど、トルコ人とクルド人あわせて7人が重軽傷を負い、制止しようとした警察官2人も棒で頭を殴られるなどして、けがをしました。警視庁は傷害などの疑いで捜査を進めています。

 トルコ人とクルド人の対立が続くトルコでは、来月1日に総選挙が予定されていて、25日は日本に住む有権者の在外投票が行われていました》=TBSニュース 25日23:44=。

 トルコ人がとかクルド人がではなく、世界中に民族と宗教、そして経済、思想の対立や抗争が存在している。

 その解決にあたる事無く我が国の総理はそして政権政党は「移民、移民、移民」と叫ぶ。

 そして、日本国内が争乱状態になるのを望むかのように経済人にもそれを主張する人がいる。

 昨日の渋谷争乱は日本国内への移民増加策の明日を見せてはいないか。

 他国の不幸には関心を持とう、他国の争いには距離を置き冷静に揉め事を解決する道を探ろう。

 余裕を持って外国へ経済援助をするのはいいが、自国の産業衰退=経済悪化の中で移民を多くすれば彼らの就業もままならない。

 それは双方の不幸ではないのか。

 この国には冷静で客観的判断の出来る政治家はいないし、大国の顔色を窺う政治家と高級官僚ばかりだから、これからはますます社会不安が拡大していくようだ。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますが、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ


  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。