読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

核家族化から大家族化へ

 《安倍首相が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向け、政府がとりまとめる緊急対策の原案が24日、明らかになった。

 ‥略‥

  希望出生率1・8の達成に向けては、保育施設の入所待ちを解消するため、2017年度末までの認可保育所などの整備計画について、定員の拡充目標を40万 人分から50万人分に上積みすると明記した。育児負担の軽減を目指し、3世代が同居する住宅の建設を支援することも盛り込んだ》=読売新聞 11月25日(水)9時19分配信=。

 なんでも、高齢者親族を看護させるために3世帯同居という昔の良き日本社会を再生するらしい。

 都会へ労働人口を集めるという政策が失敗し、地方の過疎化が進んだかららしい。

 まあ、勝手な推測だが。

 この計画でまた余分な金が使われ、予算が不足するからと福祉関係がブチ切られる。

 何回か書いてきたが、既存の設備の再活用という発想を絶対しないのは「自分の金」ではないからなのか。

 地方にだけ「廃校」がある訳ではない。

 東京都内にも廃校や廃校寸前の校舎が複数あるのはテレビで取り上げられている。

 そこを整備し幼児が使い易いように改築すれば新築よりはかなり建築費が節約出来るはずだ。

 新しく「3世代が同居する住宅の建設を支援」しなくても、社会問題になっている「空き家」を接収して。増改築するという方法もあるのでは。

 とにかく自分の金ではないから税金の使用に無頓着なのは止めて欲しいのだ。

 今は納税していない私が税金に付いて兎や角言うのもなんだが、納めている国民のためにも公務員が考えるべき重要事だから。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ


 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。