嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

甘利辞任 結局は秘書が

 ひねくれ者の私には甘利明の会見は「弁明と自己宣伝」にしか聞こえなかった。

 事実関係の調査を依頼したのは、元東京地検特捜の弁護士だと2、3回話した。

 そういう人物の調査報告だからと上からお達しをしたようだ。

 普通はその弁護士に全権委任して調査に入って貰うから、自身も調査対象になる。

 しかし、自分は弁護士と接触していないと甘利は断言した。

 だから、会見で報告する中身には自分の調査結果は入っていないと言いたいらしい、

 半分は意味の無い会見だ。

 しかも、秘書に付いても不十分で、まあ、その分、後半は自身の抱負を語る事で補って余りある会見だったが。

 さて、まだ残っている自身の検証等はいつ会見するのだ。

 

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ

 

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。