嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

宛先不明

 《アメリカ大統領選挙に向けた候補者選びが来週から始まるのを前に、民主党クリントン氏が、国務長官在任中に私用のアドレスで送受信したメール22通に極秘情報が含まれていたことが分かり、選挙戦に影響を与えることも予想されます。

 ‥略‥

 国務省は29日、民主党の有力候補、クリントン氏が国務長官在任中に私用のアドレスで送受信したメール22通に、現在は「トップ・シークレット」に指定されている極秘情報が含まれていたことを明らかにしました。

 国務省は、クリントン氏のメールおよそ3万通を順次公開していて、1500通以上に機密情報が含まれていたことが分かっていますが、「トップ・シークレット」が含まれていたことを明らかにするのは初めてです。
これに対し、クリントン氏の陣営は声明を出し、「メールを送受信した当時は、機密に指定されていなかった」と反論しました‥以下略‥》=1月30日 11時36分 NHKニュース=。

 この問題は前から話題になっているが、クリントンのメールが誰宛だったのかは表に出ているのか?。

 個人情報だから表沙汰にしないのか?。

 極秘情報だけでなく公用メールと私用メールの近藤です、じゃない混同なのだからそれぐらいは調査済みなのだろう。

 相手が某国のスパイという可能性もある。

 かつて、アメリカ政府機関職員が゛イスラエル原子力情報を流していた事実もある。

クリントンのメールもそういう流れではなかったと言い切れない。

 アメリカが最も警戒すべきは中国もそうだが、身内の敵だ。

 政府や経済界その他の中枢に居る人達が必ずしもアメリカに貢献するわけではない。

 過去の歴史には多くの教訓が潜んでいる。

  その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。