読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

誰がそこへ置いた?

 《大阪府警で、少なくとも4300の事件の捜査書類や証拠品などが本来の保管場所ではないところに置かれ、放置されていたことが分かりました。

  捜査関係者によりますと、見つかった資料は事件の証拠品や調書などで、本来の保管場所ではない警察署の車庫やボイラー室などにあったということです。すべ て時効が成立した約4300の事件のもので、古いものでは30年ほど前の資料もあったということです。

 大阪府警では2012年、羽曳野警察署の機械室で段 ボール約40箱が放置されているのが見つかり、府警本部はすべての捜査部署に調査を指示しています。府警本部は春ごろまでに結果をまとめる方針ですが、今 後、さらに件数が増える可能性もあるということです》=16/02/01 11:45 テレ朝ニュース=。

 まあ、なんだな、「本来の保管場所ではない」というより、隠してあったか捨ててあったのだ。

 車庫やボイラー室、それに機械室にそんな物をわざわざ持ち込んで置いておくなんて考えられない。

 明らかに何らかの行動の結果だ。

 新しい事件の証拠品や調書が無いとすれば、それは事件の関係者から証拠隠滅を頼まれたのではと考えてしまう。

 複数の警察で関係者からの依頼があって同じ行動を取った警察官がいたとは、考えづらいが社会には地縁・血縁という強い関係で結ばれている人達がいる。

 今、所属している組織よりそちらを優先してしまう人達。

 そう考えなければ理解出来ない警察官の行動。

 人間関係までを採用時に調査するのはなかなか難しい。

 

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ


  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。