嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

遺産は聖戦に捧ぐ

 《米国家情報長官室は1日、国際テロ組織アル・カーイダの元指導者ウサマ・ビンラーディンが、「ジハード(聖戦)のため、アッラーのため」として、2900万ドル(約33億円)の個人資産を残していたことを示す遺書を公開した。

  ‥略‥

 遺書は、2011年5月に米特殊部隊がパキスタンでビンラーディンを殺害した際、押収した資料の一部。昨年5月に続き、新たに113点が公開された》=16年03月02日 17時58分 読売新聞=。

 さすがは聖戦士、死んでしまった肉体に浮世の汚れである「遺産」は必要ないようだ。

 さて、約33億円は全てが現金ではないのかもしれないが、西欧の侵略文明との日々命を賭けた戦いに明け暮れる中、どうやって彼はその遺産を稼ぎ出したのだろう。

 稼ぎ出したのではなく、強奪した財宝や現金ではなかったのか。

 あるいは支持者からの寄付か❔。

 戦争は儲かるを如実に示してくれたようだ。


 その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。