読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

フェイスブックに投稿で免職

  この記事の見出しだけを読んでそれは酷いと思わないように。

 岐阜県池田町の女性職員が停職期間中にフェイスブックに投稿したというので免職になったのをフジテレビ「トクダネ」で取り上げた。

 この種の話題では、フェイスブックに投稿したぐらいで免職は妥当かどうかが取り上げられる。

 それだけを焦点にすれば処分は厳しいと言える。

 食べ放題の料理写真の掲載も適当なのかが論点になる。

 ニュースでも要約して報道するときにはどの部分を削るか、どのように大意を伝えるかで悩むはずだ。

 いきなり中途の段階を報じたり結果だけ報じてしまえば本質が見えてこない。

 この女性職員の場合、副業が禁止されている公務員なのにそれをしていたという事だ。

 しかも、収入からすると副業は風俗関係ではというネット上の意見もある。

 それは確認できないが地元の住民なら理由は分かるだろう。

 そういう状況で停職になり、その期間に観光旅行を楽しんだとフェイスブックに投稿する。

 その時点で精神を疑わせるのだが。

 投稿を上司から注意されてもその意味が理解できなかったのだろう、さらに投稿をしてしまった結果が免職だった。

 犯罪ではないのに免職とは、そんな意見もあった。

 6ヶ月の停職というのはその期間に次の仕事を探しなさいとそれとなく言われているのだという公務員の声も出ていた。

 もし、それが今回の停職の意味なら、彼女の副業はそれなりの仕事だったと町役場では知っていたのか❔。

 いわば温情ある判断で停職という処分にしてやったのに、それも理解できないで遊びに興じたから反発を受けたとも考えられる。

 本来は、副業の中身も報じていなければ処分が妥当だったかどうか判らない。

 それをするとプライバシーの侵害だとお叱りを受ける。

 さて、この女性職員の行動は「甘え」からきているのではと思う。

 勝手な推測だが、上司の注意も「右から左に受け流せる」のはコネ就職か❔。


 その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ

  ブログランキングにほんブログ村
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。