読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

垣間見得る「俺が俺が」

 《 おおさか維新の会は14日、橋下徹・法律政策顧問を講師に招き、大阪市内で所属国会議員や夏の参院選の新人候補に向けた演説研修会を開いた。

 研修会は非公開で行われたが、出席者によると、橋下氏は「実行力ある政党というブランドを広めるしか、生き残る道はない」と述べ、大阪府大阪市での改革の実績をアピールするよう指導した。また、党の現状についても言及。「今までは僕がいたから票を入れてくれたが、党勢が全然拡大できていない。このままでは党がなくなってしまう」と危機感をあらわにしたという》=16年05月14日 23時04分 読売新聞=。

 「俺が死ねば会は消滅する」、そうは言っていないがそういうことだ。

 その分析は当たっているようだが、透けて見える自分中心主義。

 石原慎太郎舛添要一猪瀬直樹らに共通する「俺は偉い」精神。

 という事は劣等感の裏返しか❔。

 鷹揚に対応する心が育っていず、ちょっと批判されたりすると感情的に反発する。

 まだ知事の座にいる舛添は自身を抑制しているがいつまでもつのだろう。

 あまり世間からの非難が強くなると開き直って居座るか、「や〜めた」となるのか。

 期待はできないが気長に見ていようか。

 いつのまにか政治資金の私的流用の話題に変わっていた。

 テレビに登場した著名人を担ぎ出す安易な候補者選びは今でも続いている。

 チンピラの情婦とか言われる女性も候補者らしい。

 いろいろ調べてまともな人物を候補者にして貰いたいものだ。

 そうなってもあの政党とあの政党の候補者には投票しないが。

 幸いなことに私の選挙区に問題候補者はいないのが寂しい。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ


 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。