読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

米露宣伝合戦

 《ロシア外務省の報道官は、アメリカによる原爆投下を「日本人は忘れるべきでない」として、オバマ大統領の広島訪問を評価する動きを牽制(けんせい)しました。

 ロシア外務省・ザハロワ報道官:「日本人が歴史を覚え続けて修正しないことが大事だと考えている。日本人は(原爆投下で)何が起きたのか、その理由と結果を知るべきだと思う

 ロシア外務省の報道官は26日、オバマ大統領の広島訪問について「謝罪すべきかどうかは本人に聞くべき」としつつも、アメリカの原爆投下については「日 本人は歴史を忘れるべきでない」と強調しました。アメリカの現職大統領として初の被爆地訪問を評価する動きを牽制したものとみられます。ウクライナ危機を 巡ってアメリカと対立を深めるロシアは近年、原爆投下について「人道に対する罪」だと非難を強めています》=16/05/27 08:01 テレビ朝日 太字by海つばめ=。

 原爆投下への批判ならロシアにブーメランはないからいいだろう。

 人道に対する罪を問うとすれば、旧ソビエトによるシベリア抑留もそれに当たるのではとも思うが。

 改めてロシアからの指摘を受けるまでもなく、当事者でない場合は寛容な日本人は物事を忘れていく。

 アメリカは戦前から日本人の精神性、国家間等々を調べ尽くし、いざ戦争が始まる時には見事にそれを効果的に使った。

 爆発的な行動を取らないからジワジワと締め上げていき、堪忍袋の緒を切らせて真珠湾攻撃を演出した。

 アメリカから受けた「横暴」への反抗として国民は絶賛した。

 ロシアはウクライナ問題でアメリカのやり方に腹を立てているから、原爆投下について取り上げる。

 ロシアもアメリカも国際政治の中心で動いているから、どちらも政治宣伝が上手だ。

 アメリカの原爆投下をロシアが非難しているからといって日本の味方をしているわけではない。

 ロシアにはロシアの思惑があり、アメリカにはアメリカの思惑がある。

 それをうまく利用していくのが政治家の仕事だが。

 無能宰相安倍晋三にそれが出来るのだろうか。

 日本国民としては不安だ。

 まあ、それほど先がない自分にはどうでもいいかな。

  その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。