読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

無能2党

社会

 《元高校教諭の“夜回り先生”こと、水谷修氏が16日、TBS系「白熱ライブ ビビット」で、都知事選立候補の打診を受けていることを明かし、MCの国分太一、真矢ミキらを驚かせた。

 番組では、15日に辞職を表明した東京都の舛添要一知事を特集。その中で、次期都知事候補を占うコーナーがあった。前大阪市長橋下徹氏や、自民党の小 池百合子議員などの名前が書かれたボードを見ながら、出演者が意見を述べていたが、いきなり水谷氏が「1人抜けてるよ」と切り出し、全員がきょとん。続け て「水谷修」と自分の名前を出すと、思わぬ展開にスタジオは爆笑。冗談だと思った国分は「どういうことですか」と笑いながら突っ込んだ。

 すると「1カ月前から打診が来ています」と水谷氏が打ち明け、国分は「えっ!先生に?」と絶句。だがすでに水谷氏は「荒れた学校を建て直すのはできるが、都政を担う政治家としての能力はない」などの理由ですでに打診を断っていることも明かした。

 ‥以下略‥》=16年6月16日 デイリースポーツオンライン=。

 たぶん、ひょっとするとだが、政党幹部とか要職にある政治家からの打診ではなく、先走った都議会議員が軽く「出てみないか」と言ったのだろう。

 自分は大物だからと思い込んでいるから自慢気に喋ったのだろう。

 それにしても、本当に話を持ち掛けた政党ががいるとすれば、まさに無能を証明しているようなものだ。

 何しろ、公明党の講演会予告ポスターには立候補予定者と一緒に写っているのだから。

 身辺調査もできない政党が候補者を乱立させているのだから政治も混乱するのは当たり前か。

 ところで、あのポスターは参院選に出るための事前運動か❔。

 もし、出馬したら「都政を担う政治家としての能力はない」のに、「国政は担える」のかと嘲笑してやろう。

 一国の総責任者を筆頭に勘違い政治家が多すぎるようだから、これ以上無能政治家を増やさないために❕。

打診を受けたのは3党からだが1党はあそこだろうから、無能3党と買て呪われるのは嫌なので見出しを「無能2党」とした。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。