読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

入国禁止の方向で検討

 《成田空港の手荷物検査場で、出国の手続きにいら立ったアメリカ人の男がかばんを振り回して空港職員にけがをさせたとして逮捕されました。  

 自称・大学講師のローレンス・ビンセント・バルビー容疑者(32)は19日午後1時半ごろ、成田空港の手荷物検査場で、英語で怒鳴りながらかばんを振り回し、止めようとした空港職員の男性(25)にけがをさせた疑いが持たれています。空港職員はあごを擦りむく軽傷です。

 警察によりますと、バルビー容疑者は観光のために15日から1人で日本に滞在していて、フランスへ出国するところでした。取り調べに対し、「何度も行われる手続きにいらいらした」と容疑を認めています》=16年 06月 20日 朝日ニュース=。

 この人物に対して再入国禁止措置を取るのはヘイト(差別)ではない。

 なぜなら明確な理由があるからだ。

 たった1回のミスでそれは厳しいのかもしれない。

 しかし、日本では1回の微罪でも厳しく罰せられると国際的に知られれば犯罪者やその可能性がある外国人の入国は減るだろう。

 従来の「反日特権を許さない」と主張する連中はその点が欠如していた。

 差別する側に差別されるだけの理由があれば、それは仕方ないと思う。

 犯罪者を処罰する、刑務所に入れるのと同じだ。

 現状のヘイト運動は、ただ「在日」だからという理由だけで「出て行け」と騒ぐ。

 感情のままに行動するなら自分達が批判している相手と同じではないのか。

 人の振り見て我が振り直せ、金言だ。


 その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。