読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

鳥越俊太郎はダメか

 《今月31日に投票が行われる東京都知事選挙について、JNNでは世論調査などを元に選挙戦序盤の情勢を分析しました。その結果、小池百合子氏と鳥越俊 太郎氏が激しく競り合い、わずかに遅れて増田寛也氏が追う展開となっています。

 世論調査は16、17日の両日RDD方式で行い、1033人から回答を得ました。

 この結果に取材による情勢などを加味して分析したところ、小池氏は若年層、中年層を中心に女性からの人気が高く、推薦を得られなかった自民党の支持層から3割以上を取り込むほか、無党派層からの支持も3割を超えています。

 一方、中高年層を中心に支持を広げる鳥越氏は、推薦を受ける民進党共産党支持層の6割近くをまとめ、無党派層の支持も小池氏と競り合っています。

 与党などの推薦を得た増田氏ですが、公明党支持層の6割近くはまとめたものの、自民支持層は3割程度しか固められておらず、無党派層への浸透も遅れています。

 都知事選挙にはこのほか、高橋尚吾氏、谷山雄二朗氏、桜井誠氏、マック赤坂氏、山口敏夫氏、山中雅明氏、後藤輝樹氏、岸本雅吉氏、上杉隆氏、七海ひろこ 氏、中川暢三氏、関口安弘氏、立花孝志氏、宮崎正弘氏、今尾貞夫氏、望月義彦氏、武井直子氏、内藤久遠氏も立候補していますが、大きく水をあけられ、知名 度のアップと支持拡大に懸命です》=TBS系(JNN) 7月18日(月)1時43分配信=。

 自民党分裂選挙で鳥越有利かと思ったが、世の中はそんな安易な動きではなかった。

 やはり日本人には「判官贔屓」の心情が流れているようだ。

 「小池さん可哀想」は、お兄さんから疎外される「義経さん可哀想」と同じなのか。

 石原伸晃の軽率な「小池を応援したら連帯責任で一族郎等処断する」という軽率な警告文も小池に追い風となったようだ。

 日本人は虐められている人への思いは強い。

 ことの善し悪しは別にして。

 三者三様に問題を抱えていると伝えられる。

 県知事就任後に県の借金をに倍に増やしたらしい候補者、目立ちたがりの女性候補者、そして、無条件で外国人に参政権を認めるような候補者。

 日本の選挙なのだから最低限「日本国籍」である必要はないのか❔。

 進歩的文化人が陥る弱点、それは「変化は善」という思考だ。

 変化する方向によっては善である場合も悪である場合もある。

 世界中の国家が廃絶されたのなら選挙権はどこの地域で認められてもいいだろう。
 
 しかし、現実には国家があり。国境があり、それぞれの国家観を背負っている。

 その中で日本が異国人にも選挙権を与えるのが果たして妥当なのかどうか、そういう議論をしたのだろうか。

 鳥越にそういう意識はあるようにも思えない。

 それにしても、大臣経験者が「そのほか」の枠で泡沫候補扱いとは、可哀想だな山口敏夫も。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。