読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

評価はそれぞれあるが

社会

 《実業家の堀江貴文氏が23日、ツイッターを更新し、安倍晋三首相が大人気ゲーム「マリオブラザーズ」のマリオに扮したリオ五輪閉会式の演出について「あれでいいと思う」と、評価した。

堀江氏は、自身がきっかけをつくったマラソンのカンボジア代表・猫ひろし応援のために現地に滞在。
閉会式も見たようで「総じてスタジアムの観客は喜んでました」と、日本が誇るキャラクターたちが数多く登場した東京を紹介した演出に、会場は沸いていたと紹介。
「安倍首相の顔は知らないけど一発でみんな認知してました。あれでいいと思う」ともつぶやき、“マリオパワー”が存分に発揮されていたとした。

堀江氏はその後、猫との2ショット写真もアップ。
自身が猫にマラソンを勧めたといういきさつもあるだけに、意地の完走を果たした猫へ「最高でした」と、賛辞を贈っていた。》=http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000032-dal-ent=。

 経済事件❔を起こしても平然と出来るその神経は、経済失政をしても平然と反省も出来ない総理大臣の姿勢に通じる。

 精神構造が同じなのだろう。

 そして、猫ひろしの活躍する姿を絶賛する堀江だが、スポンサーには次のような話が出ている。

 《猫ひろしスポンサーーー「プライムエージェント」、顧客とのトラブル続出。賃料不払い、訴訟へ 》=アクセスジャーナル =。

 まあ、そのような仲間なのだと思われる。

 一方で、このようなツイッターを記した芸人もいる。

 《芸人の星田英利(旧芸名、ほっしゃん)が自身のTwitterリオ五輪の閉会式についてツイートしており話題になっている。その内容は「正義のマリ オが土管通ったら悪のワリオになって出てきた! さすが!素晴らしい演出に大喝采!」という内容。》=http://gogotsu.com /archives/20917=。

 知能を駆使して利益を上げる、その方法に違法性や脱法性があっても勝てば官軍という発想の経済人。

 それに比し、芸人ながら見るべきところは見ている芸能人。

 どちらが人としての価値を持っているのか。

 その日初めての記事です。以降は無い時もありますがこちらへ、コメントもこちらへ→嵐を呼ばない海つばめ

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←ランキング用です、よければ踏んでみてください。