嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

有ったとしても無い

 機密文書と言われるものが暴露されても「調査したがそのような文書は存在しない」と平然として開き直ってきた政府。

 「無いものは無い」とされていた文書がいつの間にか表に出てくるというのは過去にもよくあった。

 嘘をついた大臣・官僚が裁判にかけられることは無いし刑務所にも入ることはなかった。

 長年、疑惑をそれで乗り切ってきた自民党政権は今回もそれで国会議員を騙し、国民を騙し通せると思っていたのか❔。

 当事者が存在を認めているのに被疑者が認めないというのはよくある話だ。

 今回の被疑者は安倍晋三菅義偉(すが よしひで)。

 加計学園に獣医科を新設するのに抵抗していた文科省
「(新設は)総理のご意向だと聞いている」と圧力を掛けた人物、それは総理大臣か官房長官だと思われると明言してしまった前文部科学次官・前川喜平。

 無いものは無いでは乗り切れなくなった安倍と菅はこれからどうするのだろう。

 安倍はこのまま外国へ亡命か❔。