嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

資金はどこから❔

  アメリカの「反トランプキャンペーン」のような露骨なメディアはいなかったのだろうか。

 フランスあたりのニュースはアメリカほど細かく入ってこないのでいい加減な私には分析できないが。

 《フランスの下院にあたる国民議会の選挙で、マクロン大統領の陣営が半数を上回る6割以上の議席を獲得しました。公約の実現に向け、安定した政権基盤を確立したことになります。


 マクロン大統領率いる中道の新政党「共和国前進」は国民議会の決選投票で、連携する政党と合わせて577議席のうち350議席を獲得しました。
 フィリップ首相:「1年前はこのような政治刷新は誰も想像できなかった。大統領の強い思いが民主主義に新たな息吹を与えた」
 これまでフランスの議会は「共和党」と「社会党」の2大政党を中心に構成されていましたが、両政党は惨敗を喫しました。また、ルペン党首率いる急進右派「国民戦線」は8議席にとどまりました。一方、投票前からマクロン陣営の圧勝が報じられたこともあり、投票率は約43%と過去最低の水準になりました。》=17/06/19 11:50 テレ朝ニュース=。

 

 さて、マクロンの選挙資金の提供者は誰なのか❔。

 

 自前の政治組織もない世間的には無名の男がいきなり大統領職に。

 

 トランプは実業家としてもテレビ界にも顔を出していた。

 

 《大学では哲学を学んだのち、エリート養成校と言われる「国立行政学院」へ。フランス財務省で勤務し、投資銀行ロスチャイルドに転進》したマクロンカトリック系の学校へ入学しそこの教師だったブリジットに猛アタック。

 

 その辺りを考えると敬虔なクリスチャンだったのかどうかは疑問だ。

 

 とにかく欲しいものは何が何でも手に入れるという強欲さは特定の集団にも見られるらしい。

 

 そして、フランス財務省で勤務し、ユダヤ企業の中でもエリートクラスの投資銀行ロスチャイルドに転職。

 

 優秀な仲間を集めて金儲けをさせる、典型的な手法のようだ。

 

 政治の世界に入ったマキロンじゃないマクロンの資金は誰が出しているのか。

 

 大統領選挙資金、政党結成に必要な費用は。

 

 外国人には伝わらないフランス独自の秘密結社が動いたのか❕。

 

 アメリカ主義のトランプへの異常な反対運動と、グローバリストのようなマクロンへの支持はどうなっているのか。

 

 同じユダヤ人だからといって反応は同じではないが、それにしても‥‥だ。