嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

それは小池百合子だ

  歌謡曲のヒットにはある時、一気に爆発するような流行り歌といつの間にか流行っていくものがある。

 これは後者の流行り歌らしい。

 ♪化粧だけでは隠しきれない 今の私は豊洲の女

 いつの世も政敵や競争相手を揶揄したり皮肉る歌は作られる。

 歌だけではなく笑い話もそうだ。

 そうすることで溜飲を下げ悦にいるのが庶民なのだ。

 「豊洲の女」と題された歌謡曲が流行っているらしい。

 ただの歌謡曲好きが作ったとは思えない。

 「あの日のカイロ アルジェの光 今の私は豊洲の女 見切り発車のリンドバーグ 着地できない女の涙」という歌詞は明らかに小池のカイロ大留学を知っているからこそ生きてくる歌詞だ。

 リンク先にジャケット写真があるが、そこに写っている女性の髪型は誰だろう❔。

 皮肉だろうが何だろうが政治的意図を隠してこういう歌を作るのは卑怯だ。

 東京都知事だから小池百合子も「権力者」だが、真の権力者安倍晋三を揶揄するのではなく小池を❔。

 支配階級への揶揄や皮肉は諸手を挙げて賛成するがそうでない歌は作詞・作曲者共々消えて欲しいと思う。