嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

ヒジは鍛えられない❗️

 格闘技の華として脚光を浴びる「空手」。 空手出身の格闘家も多い‥かな。

 あらゆる部位を鍛えているというイメージはあり、特に脚の脛をビール瓶で叩いているシーンはよく眺めた。

 その一つが「肘」となる。

 空手家は身体が凶器となる、そのために日々の鍛錬は最低限必要だ。 肘打ちという言葉があるぐらいだから有名な攻撃の一手なのだろう。

 さて。

 《徳島県鳴門市で正面衝突したトラックと乗用車が炎上した事故で、「K―1」選手の小宮山工介さん(30)が朝日新聞の記者に救助の状況を語った。  ‥略‥ トラックの運転席の男性(51)は「出してくれ! 出してくれ!」と叫んでいた。小宮山さんが「早く出て!」と言うと、男性は「開かない! 出られない!」。運転席に火が迫り、助手席のドアも開かなかった。 窓ガラスに近づいて助けを求める男性に、「ちょっと離れて!」と叫び、右ひじで1発、助手席の窓ガラスを打った。ガラスが割れて破片が辺りに飛び散り、男性は窓からはい出してトラックから脱出した。》=17年7月13日11時47分 朝日新聞デジタル=。

 しかし、肘打ちも最強ではなかったのだ。

 自動車のガラスは強かった。

 空手家の右肘は痛み、巻かれた包帯から血が滲み出ていた。

 自分より強い存在が居ると常に警戒していなければ格闘家は敗北する。

 骨折していなけれどいいのだが。

 それでも、炎に包まれかけている車に近寄り被害者を助けるその勇気に拍手。