嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

人はそれを偽造という

 

 

e0365203_17222533.png 二重国籍国会議員になったと批判されてきた蓮舫が、ようやく重い腰を上げて日本国民である証明を公開した。
 
 騒ぎになる前に公開すれば済むのになぜ出さなかったのか、

 そんな疑問も浮かぶがそれは人それぞれの事情があるのだろうと思うことにした。

 さて、これまでにパスポートを取得した経験のない私なので、ネット上で18ページもあるパポートなんて見たことがないと批判されていても理解できない。

 複数の外国を渡り歩く人というのはページ数が多いのかもしれない。

 そして、中華民国から発行された「国籍喪失」の許可書も記者会見の場で提供されたようだ。

 判別しにくいが蓮舫の顔写真もある。

 この許可証について、「国籍を喪失した日付がない」から偽造じゃないかという意見がネット上にあがっている。

 何しろ、斜めになっているので文字も数字も明確ではない、つまり、読み難いという書類だが、それは撮り方を工夫しなかった「誰か」の責任で蓮舫のせいではない。

 さて、国籍喪失の日付がないという問題は、一番下に押された四角の印章に隠れているように見えるのだが。

 それが喪失した日付かどうかは判らないが、情報を売り物にしているサイトならもう少し注意力を研ぎ澄ませる必要がありそうだ。