嵐を呼ばない海つばめ      原則敬称略

真贋を問い疑問に感じた事を口に出したい

トモチンに嫌味質問

 「記憶に自信ありますか」。

 それは嫌味な質問だ。

 南スーダンで戦闘が行われていた事実を隠すために、日報を隠していた防衛省

 安倍晋三の「戦争したい症」を満足させるために戦地へ送られた自衛隊員。

 現地で巻き込まれた事実は隠さないと不味いので日報を隠した。

 そんな単純な行為が今も尾を引き、トモチンが嫌味な質問を浴びている。

 記憶に基づいて籠池との関係を否定した稲田朋美

 ところがそれは記憶違い❔というか故意に曲げられた記憶だった。

 日報の隠蔽問題で「記憶に基づいて」と話すトモチンに記者から上記のような質問が飛ぶ。

 トモチンは一瞬言葉を失うが気丈に開き直った。

 安倍晋三の掌中の玉は何をしても大事にされる。

 官房長官の菅も安倍の心を忖度する。